中川質店様インタビュー|三重県津市の質屋(預かり)・買取・販売株式会社リーピー岐阜県内最大手のWeb制作
Webマーケティング会社

中川質店 店長 中川 貴之 様

「差別化はしにくいと思っていた」
老舗質店・四代目の挑戦

ホームページ制作が
自店のことを深堀りするキッカケに。
強みの再整理により、集客に大きな変化が。

中川質店
店長 中川 貴之様

法人名 中川質店
設立 1948年
店長 中川 貴之様
所在地 〒514-0815 三重県津市藤方2626
事業内容 質預かり、買取、販売
Webサイト https://shichiya.mie.jp/
「今まで漫然とお店を続けていました。まさか、ここまで考えさせられるとは思っていませんでした」…初めてのホームページ制作に取り組み、自店の強みや業界イメージの払拭について、深く考えた結果、順調に集客を伸ばし新規客の獲得を増やし続けている中川質店・店長の中川貴之氏にお話を伺いました。

津市で70年以上続く老舗質店を継ぐ決意を固め、お客様の人生に寄り添うことを決めた店主

創業の経緯など、事業内容をお聞かせください。

三重県津市で昭和23年から質屋をしています。もともとは津市の中心部にある大門商店街で祖父が呉服屋をしていました。空襲で店舗が焼けてしまったため、その後、現在の場所に移ってきて質屋を始めました。最近、「質屋」という言葉は死語になりつつありますが、簡単に説明すると、お客様にバッグや指輪、時計などの品物を預けていただき、それを元にお金をご融資させていただくお店のことです。当店では、その他に買取や販売も行っています。私が4代目で、先代もまだ現役です。周りでは質屋とか、「屋」のつく商売が無くなりつつありますが、戦後全国に20,000店くらいあった質屋も、現在は1/10の2,000店くらいに減っています。

もともと金融機関にお勤めだったそうで。

2014年に家業を継ごうと、戻ってきました。以前は地方銀行に勤めていて、10年ほど融資を担当していました。当時、田舎だと、どうしても跡継ぎがいない、商店街も無くなっていく、いう現状を目の当たりにしていました。そんな中、銀行であれば、会社の方針もありますので、融資が通らないこともありましたが、質屋だと自分の判断でできるので、そのあたりも魅力の一つだと思い、跡を継ごうと決心しました。地元を盛り上げたいという想いもありつつ、金融の知識と融資をリンクさせることができる「質」という仕事に魅力を感じました。お客様が金のことでっている時にバッグなどをお預かりしてご融資させていただき、返金時には利息というお金をいただくので、当店がお礼を言うのは当然ですが、お客様からも「ありがとう」というお言葉をいただくことも多く、ダイレクトに喜びを感じるようになりましたね。

質というお仕事は、人生が垣間見えることも多いとのことで。

それはあります。むしろそれが、やりがいに繋がっています。なかなか他では聞かない話とか、そんなこともあるのか?と、毎日のように驚くことがあります。そのため、店頭では人生相談みたいになることもあります。田舎なので、世間話をしながらとか。2年前ほど前ですかね、ぱったり来なくなったお客様がいらっしゃって、事故にあってしまったと噂では聞いていましたが、それだけではなく、「そろそろ質屋を卒業かん、こんなことしてたらかん。」と言われていたそうです。しかし、「質屋に行かんとハリがない。」とまたご来店いただき、自分で稼いでお金を返すという方がきすると話されていまし。もはや、生活の一部近い存在だと当店を思っていただいてることに感謝しています。また以前までは、質屋に行っているということ言いづら人も多かったのですが、最近は質屋に対する認識、お金を借りるということへの意識も少し変わってきているのではないかと思います。気軽に相談しやすいというのもあると思いますが。

減り続ける同業者。新しいことを模索する中でのホームページという選択。

地元でも質屋さんは減っているんですか?

津市だけで40年前は40軒近くありました。同じ町内でも20軒くらいあったと聞いています。しかし、現在は6軒です。やはり、跡継ぎ問題や全国展開の大型買取との競合のほ、インターネットの普及で店舗に行かなくてもダイレクトで取引ができるようになってきていることも要因と思います。しかし、インターネットとは違う、対面での質屋の醍醐味、良さもあると思っています。品物を通して、コンサルタントやコンシェルジュのよ、ちゃんと対面でアドバイスできることは強みだと思っています。正直、利益よりもそのお客様にふさわしい選択なのかな、と考えながらやっています。商品によっては預からない、買い取らないという判断もしますが、商品にまつわる昔の話を聞き過ぎてしまうと、価値がないを預かってしまうこともあります。ビジネスライクに買い取らないという判断もできますが、無下にできないこともありますので。また、最近の若い方は質という言葉を知らない人多いので、一般的に買取を想定されるケースが多く、一度買い取ってもらうと戻ってこないというのが当たり前の感覚なんですが、買取と質預かりの違いを説明すると、そこで初めて品物が返ってくる「質」というものを知られ、ご利用される方もいらっしゃいます。

その中で差別化として、取り組まれていることはあるのでしょうか?

まず、田舎なのでケンカはしません(笑)。なので、大々的に差別化の話はできませんが、当店では、場合にもよりますが、期限を数日過ぎたからといって、延長料を頂かないこともあります。逆に、ご返金が早い場合はサービスをすることもあります。実際、これまではリピーターと紹介のお客様ほぼ全てでした。初めての方からすると、お店があっても入りにくい、何をやっているかわからない、暗い、怖いといったマイナスイメージあると思います。最近ではリピーターの方も高齢化などで、段々減ってく傾向にあります。例えば、ご年配の方だと、免許を返されてご自身一人でご来店できなくなる方も増えています。そんな中、娘さんとか息子さんに「質屋に行く」とは言いづらいので、お孫さんに頼んで一緒にご来店される方もいらっしゃいます。その後は、そのお孫さんだけでご来店される場合もあり、世代を超えた繋がりもあるんだなと感じました。そんな中、もしかしたら、若い層も増やせるかもしれないと思い、ホームページの制作を検討し始めました。

周りもHPを作るお店が増えているし、そろそろ自分達にも必要だな、と。

まさしくその通りですね。父はパソコンのつけ方も知らない、超アナログ人間で、インターネットに関しては何も知らない状態でした。しかし、私は質の修行のため2年間大阪に行って、そこで質屋の状況も変わっていると感じ、いかにインターネットを活用することが大切か実感していました。

これからの事業はどのようにされていかれるのでしょうか?

今後は会社を法人にして従業員い、出張買取な外に出ていく営業スタイルも取り入れたいす。また、ホームページを作ってから新規のお客様順調に増えているので、インターネットを使った販売、買取にも挑戦したいと考えています。 あと、個人的な思いですが、「わいわい、がやがや、みんなで楽しく仕事をしたい」、そしてお客様にも気軽に足を運んでもらって、笑顔になっていただけるようなお店作りをしたいと思っています。

これまで考えたこともなかった自分達のお店のこと。深堀りの良いキッカケに。

当社にご依頼を頂けた理由もお聞かせいただけますか。

 検討していた当時はリーピーさん以外の他の会社にも少し話を聞いており、前に修行していた大阪や名古屋の会社にも、どれくらい制作料金がかかるのか、など確認していました。 インターネットでは最初三重県を中心に東海エリアの制作会社地元に密着して会社が良いなぁと思って探しました。そして、検索をする中で、それぞれの会社の制作実績や制作の流れ、会社概要などを比較して、その中で温かい内容のホームページの制作実績があり、制作の流れも結構わかりやすく書いてあって、しかも、ほぼ毎日全国からお問い合わせが来ているという点が気になり、リーピーさんに問い合わせました。当店は小さなお店なので、本当に問い合わせしても良いのかなと不安になりましたが、「えいや!」と勇気をもってボタンを押しましたね。すると、その2時間後くらいにメールがあって、翌週には当店での打ち合わせというスピーディーな流れでした。始め、営業担当打合せとメールに書いてあったので、てっきり、担当の方がお見えになるのかと思って、打ち合わせ当日、名刺交換をしてみたら、「えっ!社長が一人で来たの!?」とびっくりして、全国から問い合わせがある会社の社長が、まさか津市まで来るのかと驚きました(笑)。打ち合わせのアポイント自体もリーピーさんも忙しいだろうから、一旦メールなどで軽く話して、ゆっくり進むものだとイメージしていたので、まさか会社のトップ自身が全国飛び回って営業活動をしているとは…、想像もしていませんでしたよ(笑)。

(笑)。制作過程でのやり取りについてはいかがでしたでしょうか?

最初のヒアリングシートとかターゲットのお客さんを想定したシートがありますよね。一番は、あの内容ボリュームに驚きました。今まで漫然と仕事をしてきたので、お店の状態とか業界がどうなっているのか、今後どうしていくのかなど、自己分析をしていなかったのですごく考えました。そのとき、リーピーの野村マネージャーからも「ホームページは世の中にたくさんあるので、よく考えないと、見てもらえません。考えるボリュームは多いですが自分の個性を出して、お客さまのことを考えて、頑張ってください。」と、励ましの言葉をいただけて、頑張れました。特にターゲット(ペルソナ)も、「ここまで絞るのか!」とは思いましたね。確かに、きれいな言葉ばかりを並べても、見る人には伝わらないんじゃないかなと思いますし、結果的にお店の状況や今後の展開を考える良い機会になり、すごく良かったです。

写真撮影も初めてだったそうで。

初めてでしたね。来ていただいたカメラマンさん前から雑誌に載せる商品の撮影されていというので、ポイントの撮り方とか上手くて、すごく驚きましたね。段りもスムーズで、伝えると、一番キレイに見える撮り方をしてだけて有り難かったです

当社の知識、スキルなどについてはどのようにお感じになりましたか?

感じたのは、自分がこれを盛り込みたいと思った内容について、SEOなどの検索順位がどうなるのかという点も含めて、具体的に細かなアドバイスをいただけたことですね。こには最近の動向や状況も踏まえられていて、すごく考えながらホームページを作っていくんだなぁと感心しました。例えば、「質屋」か「質店」か、どちらのキーワードの検索ボリュームが多いかなど、そういうところまでは全く思いつかなかったので、それはすごいなぁと思いました。

ネットとリアルの融合により、これまでとは違い、新規客が集まってくるお店に。

ホームページが完成してからの成果もお聞かせいただけますか。

そうですね、日本人のお客様と外国人のお客様分けて考えますと、日本人の方についてはまず、公開後1か月目くらいに初めて、「HPを見ました。」という女性がご来店されました。その後も3日に1回は新規のお客様が来ましたね。しかも、ご来店いただいて、そのまま取引に繋がっています。この流れはその後も続いておりまして、今は忙しい毎日となっています(笑)。初めて来られる方はスマホで検索されてお見えになるのですが、「津市 質屋」とか「近くの質屋」とかで検索されて、ご来店されているようです。また、これまで少なかった20代、30代、40代の男性の方のお客様も増えました。遠いところだと、車で1時間半はかかる紀北町の方とか、たまたま津市にいて、「近くの質屋」で探していたという鈴鹿市の方など、遠方のお客様もご来店されるようになりました。埋もれていた層がいたというか、まだまだ知られていないなと思ったので、これからもっと知名度を上げていきたいと考えています。また、外国人の方の場合は、これまでは友達からの紹介が多かったのですが、HPを見てご来店いただける方も増えています。リーピーさんにはホームページのほかに、名刺とショップカードも制作していただいたのですが、そのショップカードリピーターさん持って帰って、周りの方に渡してくださ、そのまま新規のお客様へと繋がっています。ホームページを持っで、新たな集客の流れができした。ショップカードは元々、お客様の意見から取り入れたのですが、やはり、お客様のニーズにお応えすると、良い流れが生まれるんだなっと実感しました。正直、サイトオープンから、たった3ヶ月で、ここまでの成果が生まれるとは思ってもいませんでした。

実際、制作料金に対してのリターンという意味ではいかがでしょうか?

感想としては、即効性がすごくあると感じています。さらに集客するために、インターネット広告をことも必要だといますが、その前ホームページを公開しただけで、お客様も増えているので、今後この効果は何倍にもなっていくんじゃないかと期待しています。体が潰れないか心配です(笑)。5年前に今のお店に入った時は、電柱看板が一番安かったので一年で20~30本増やしたんです。昨年は野立て看板を2~3本増やしました。田舎だと車社会なので、電柱看板・野立て看板も効果があると思いますが、そこにホームページが組み合わさると、明らかに相乗効果を感じますね。

新規集客をするにあたって、強みを持てたのは大きいですね。これからのリーピーに期待することもお聞かせいただけますか。

とても変化の早い時代ですので、その時々に応じた広告や宣伝方法アドバイスをいただければ助かります。予算との折り合いを考えながら、採り入れられるものは採り入れようといます。リスティングのバナー広告配信も考えていますが、何回もバナーが出るのはどうなんだろうなぁと自分ではまだ迷っています。

地域性があるのでGoogleマップ上での上位表示広告も良いもしれないですね。

へぇ~、そういう広告もあるんですね。今度また詳しく教えてください。

当社のホームページをご覧になっているご検討中の方に一言お願いいたします。

低予算で期待以上のホームページが完成して、その効果も実際に表れています。依頼をすることは、なかなか勇気いることではあますが、まずはお会いするアポイントを入れて一度面談されることをお薦めします。自分が感じることや疑問を全てぶつけたら良いと思います。リーピーさんはマッハのスピードで回答してくださるので、僕らも安心できます(笑)。岐阜市にあるリーピーさんのオフィスにも訪問させていただきましたが、どのような場所で、どのような雰囲気でスタッフさんが仕事をされているのかもわかり、さらに安心しました。自分で体験する意味でも、問い合わせだけではなく、リーピーさんのオフィスに行かれても良いのではないかと思います。

コーポレートサイト - TOP
サイト名 コーポレートサイト
URL https://shichiya.mie.jp/

株式会社リーピーは、「Webで地方をおもしろくする」というビジョンのもと、私たちが最も得意とするWeb制作とWebマーケティングにより、地域ビジネス(商圏があるビジネス)を展開されている企業様向けの地域集客支援と、全国に向けた販売を行うEC(ネット通販)の支援を行っている会社です。
現在では地元岐阜県だけではなく、全国からお問い合わせをいただいており、私たちも実際に様々な地域に足を運び、地域の現状をお聞かせ頂くことで、そのエリアに合ったWebによる解決策をご提案しております。企業拡大や地域No.1を目指されている方は、まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

・ホームページ制作サービスを見る
・ECサイト制作サービスを見る
・制作実績を見る
・会社概要を見る
・社長ブログを見る
・無料相談に申し込む(お問い合わせ)

・トップページに戻る