【不動産/賃貸】おしゃれなホームページのデザインまとめ【2019年】株式会社リーピー岐阜県内最大手のWeb制作
Webマーケティング会社

2,320 VIEW
  • 公開日:2018年03月30日
  • 更新日:2019年03月07日

【不動産/賃貸】おしゃれなホームページのデザインまとめ【2019年】

【不動産/賃貸】おしゃれなホームページのデザインまとめ【2019年】

こんにちは。

今回は不動産業界(特に不動産賃貸について)のおしゃれなホームページをまとめてみました。

これから「ホームページを作りたい!でもどんなデザインがいいのかわからない…」とお悩みの方へ参考になれば幸いです。

それでは行ってみましょう!

大量の情報をうまくまとめているホームページ

SUUMO(スーモ)

https://suumo.jp/

TVCMなどでもよく目にするリクルート社「SUUMO」の不動産ポータルサイト。こちらはスマホアプリでも展開され、誰もが一度は閲覧したことがあるのでは?

ブランドカラーのグリーンをたくさん使っており、キャラクターのイラストも随所に配置され、優しい楽しい雰囲気になっています。

情報量が多いホームページですが、エリア別に分けてあったり、「借りる」のボタンが目立つように配置されていることから迷わずに目的の情報へたどり着けます。

個人的には「SUUMO」の綴りを「打ち間違い」した時用フォローまでされているところにクスッとしてしまいました。

かとう不動産

http://kato-r.jp/ (制作 株式会社リーピー)

店舗や事務所の賃貸物件を専門とした岐阜のホームページです。ロゴがぴょんぴょん動いて可愛いです。

白黒を基調としているためか、写真が目に飛び込んで来ます。さらにシンプルなアイコンでカテゴリ分けしてあるので直感で検索ができます。

カテゴリ分けも「景色が良い」や「住居つき」などの一般的な事業者向けの不動産サイトでは珍しいものが見られます。

また、「ここがおすすめ!」「惜しい!」のコメントが物件の1件1件を大事にしているようで、見ているだけで楽しいホームページです。

「色」が印象的なホームページ

ピタットハウス

https://www.pitat.com/

こちらも有名な不動産会社さんのサイトです。大量の情報をカラフルできれいな色を使って区別しています。

たくさんの色があっても、目が痛くない程度に色の明度を明るくしたり、彩度を揃えるなどしっかり調整していますし、目的の情報に近づくにつれ、色数が限定されてくるので、見ていて気が散ることはありません。

UR賃貸住宅

https://www.ur-net.go.jp/chintai/

コーポレートカラーである濃い紫色・紺色ですが、ホームページでは薄く使うなどして、全体的な印象が暗くならないようにしていますね。

フラットデザインと呼ばれる、グラデーションやドロップシャドウ(影)などがなく、シンプルな四角形をたくさん使ったデザインで、はっきりと情報が分けられているので、こちらも迷いなく、目的のページへ辿りつけそうです。

DOOR chintai

http://chintai.door.ac/

きれいな水色がホームページ全体で使われていて、爽やかな印象を受けます。使われている水色は何色かあるのですがトーンが揃っているためか統一感があります。

物件の詳細ページは少し情報が見づらいのですが、そこへたどり着くまでは迷いなくスムーズでした。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

https://www.homes.co.jp/

物件数がものすごく多いこちらの大手ホームページも、欲しい情報までの道筋がポップアップなどで提示されるので迷うことはなさそうです。

使われているオレンジ色は強い色味なので、最初のページのみ面積を広く使っているようです。とにかくインパクト大です。

他のページは同じオレンジ色をさりげなくデザインの一部に取り入れていて、ホームページ全体が統一されています。

century21

https://www.century21.jp/

こちらも大手企業のホームページ。黄色がインパクト大です。

右下に担当者とチャットで話せるコンタクトセンターがあるので、電話をかけたりせずとも、気軽に情報収集できそうです。

officee

https://officee.jp/

オフィスの賃貸物件を取り扱っているホームページです。トップページは青色の濃淡のみで構成されていて、大胆なデザインです。

検索フォームが一番上に来ているので、見ている側はイキナリ検索したい項目を入力するだけ。サジェスト機能もあるので、ダイレクトに欲しい情報に辿りつくこともできます。

流行りの雑誌風レイアウト

エイブル女子部。

https://joshi.able.co.jp/

こちらもTVCMなどでおなじみ、エイブル社のホームページですが、「女性のお部屋探し」に着目した特設サイトです。

最近の女性誌などでよく見る「手書き風文字」や「手書きイラスト」「ヴィンテージ感のあるロゴ」「蛍光イエローの下線・差し色」「白と黒の斜線」など女性が好む流行りのトレンドデザインを網羅しています。

ietta(イエッタ)

https://ietta.jp/

「賃貸情報メディア」として賃貸関連の情報を発信している札幌のホームページです。

部屋の写真がたっぷり載った物件紹介記事や、実際に住んでみた感想記事など、リアルな情報がたくさんあるのでお家探しの参考として重宝しそうです。

イラストの可愛らしさもさることながら、ホバーすると傾く画像や、太字のフォント・アンダーライン、配色や掲載されている写真も今風ですね。

ジャングル不動産

http://www.jungle.so/

大分のジャングル不動産のホームページです。明るい黄緑色がコーポレートカラーなのでしょうか。黄緑色を多く使っていることでまとまった印象を受けます。

物件詳細ページでは、他の物件サイトではあまり見かけない「たて書き」を採用していて、まるで雑誌の記事を読んでいる錯覚にすら陥ります。

他にも「360°VIEW」が使われているので、借りたいお部屋の様子や構造を自宅で確認することも可能!

REISM

http://www.re-ism.jp/

写真にインスタグラムのようなフィルタ加工を加えると雰囲気が出て、インテリア雑誌のような印象を与えることができます。

ざらっとしたテクスチャを加えたヴィンテージなデザインのイラストや、ちょっとシックなオレンジ色などの色選びも参考になりますね。

blue studio

http://www.bluestudio.jp/

レイアウトがとてもきれい!ちょっとレトロなフォントを使っていたり、色数を絞っていたり、細かい部分にこだわりを感じられます。

検索にある「家賃」や「面積」項目が視覚的にわかるメニューは斬新ですが、線幅や色を揃えているため、おしゃれな印象です。

goodroom

https://www.goodrooms.jp/

ナチュラルなイメージでかわいいこちらのホームページは白とグレー、差し色として彩度低めの青を使用しています。

文字色をただの黒色でなく、グレーにしていることできつくなく柔らかい印象がありますね。北欧風で女性が好みそうなデザインです。

取り扱い物件はスタッフさんが足を運んで、1部屋1部屋ブログのようにレビューしている点もポイントです。

私が覗いた時は「全全全窓」というタイトルの物件紹介記事がありましたよ。怒られないかな。

R-STORE

https://www.r-store.jp/

こちらのホームページも色数を絞っていますが、コンパクトにまとめているためか、差し色に赤を使っているからか、かっこいいというよりはちょっとかわいい雰囲気が出ています。

白×黒を基調としたデザインは今回の記事でも多数紹介していますが、レイアウトの違いや余白の取り方、差し色の選択、色の濃淡で印象が変わってきます。

こちらのホームページも全物件にスタッフさんレポートがあるので、見ているだけでも夢が膨らんできます。

今風デザインといったらこれ?!大きな写真スペース。

おうちbank

http://www.ouchibank.com/ (制作 株式会社リーピー)

ホームページを開いた時、真っ先に視界に入るエリア(ファーストビューなどといったりします)に大きくて綺麗な写真を使っていると、今風でおしゃれな印象を与えることができます。

(※昔は通信量が多くなると回線が遅くなったりして大きな画像使用は敬遠されたのですが、技術の進歩で大きな画像も早く表示されるようになりました)

こちらのホームページも大きな写真をファーストビューで使用しています。さらにシンプルな見た目で探したい情報まで迷いなくたどり着けるのが魅力的。

スマートフォンから見たときも非常にわかりやすいです。近年スマホからホームページを閲覧する人が増えている中でこのわかりやすさは大きな武器といえそうです。

タカギプランニングオフィス

http://www.t-p-o.com/

大きな写真スペース、限定された色数(ほぼ白〜グレー〜黒)、広めの余白、ととてもシンプルなデザインですが、文字の太さや大きさ、余白の取り方などで情報にメリハリをつけています。

写真も「こんな素敵なお家に住んでみたい!」と思わせてくれますよね。写真自体の見栄えが良い場合はこのくらいシンプルなデザインにすると、今風でこだわっている感じが出ます。

余白を適切にとっているため、情報がどこに載っているかを見つけやすく、またすっきりとしてまとまったイメージを与えることができ、かっこいいページとなっています。

特に賃貸だけでなく住宅の購入も取り扱う不動産会社様は、ホームページのデザインが良いことがユーザーにとって重要なポイントのようです。

KIZUKU

http://kizuku-chintai.com/

アパートなどの賃貸物件経営を目指すオーナー様へ訴求するホームページ。こちらも写真を大きく使っているのでインパクト大ですね。

また2018年も流行するといわれている「グラデーション」を背景やボタン・ロゴなどに使用しているので「イマドキ感」があります。

グラデーションの配色もきれいな水色なので爽やかな印象を与えることができます。

ローディングアニメーションもスムーズに動いてかっこいいですよね。

地元密着の不動産企業!

Century21 マルヨシ

http://www.century21saitama.com/

この記事でも紹介している「Century21」様加盟店の中から、気になる2サイトをご紹介します。

写真を大きく使っているこちらのホームページは、Century21のコーポレートカラーのオレンジ色をところどころに使っていて、グループ会社であることを表していますね。

Century21 富士ハウジング

http://www.century21chintai.com/

エリアに有名な場所があったり、「用意できる写真がない…」という場合はイラストを使ってみるのもステキですね。

サーフィンなど、海が近くて有名な「湘南エリア」なので、波のような動きをするエフェクトを使っているところがとても良いです。

下関賃貸.COM

http://shimonoseki-chintai.com/

エリア分けが立体的なかわいいイラストMAPになっているこちらのホームページ。フグがかわいい!

画像の下部分がまるく切り取られているのも印象的です。

Rent act 港区

https://www.ma-minatoku-chintai.com/

フラットなデザインで、レイアウトがきれいなホームページです。余白の取り方が適切で情報が見やすく整理されています。

「港区」に特化しているからか、ファーストビューで使われている東京タワーが映った夜景が各所に使われています。

企画が面白い!

ペットホームウェブ

https://www.pethomeweb.com/chintai/kanto/

思わず「なるほど!その手で来たか!」と唸ってしまいそうな「ペット可能賃貸物件」に特化したホームページ。

ペット飼いさんはわざわざ他のホームページで「ペット可能」カテゴリで探さずとも、このホームページだけ見ればいいので楽にお部屋が探せそうですね。

イラストがかわいいです。ブルドッグ……?

 

 

いかがでしたでしょうか?

当社でも、不動産賃貸のホームページ制作経験が多数ございますので、

ホームページ作成・リニューアルをお考えの不動産会社様は、ぜひリーピーへご相談ください。

 

※ご紹介しているサイトの中で、「(制作 株式会社リーピー)」と書かれたサイトは当社の制作実績です。その他のサイトは当社の制作実績ではございませんが、デザイン性などが優れているため、事例としてご紹介させて頂きました。制作をされた制作会社様で、掲載の取り消しをご希望の場合は速やかに対処させて頂きますので、当社までご連絡くださいませ。

株式会社リーピーは、「Webで地方をおもしろくする」というビジョンのもと、私たちが最も得意とするWeb制作とWebマーケティングにより、地域ビジネス(商圏があるビジネス)を展開されている企業様向けの地域集客支援と、全国に向けた販売を行うEC(ネット通販)の支援を行っている会社です。
現在では地元岐阜県だけではなく、全国からお問い合わせをいただいており、私たちも実際に様々な地域に足を運び、地域の現状をお聞かせ頂くことで、そのエリアに合ったWebによる解決策をご提案しております。企業拡大や地域No.1を目指されている方は、まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

・ホームページ制作サービスを見る
・ECサイト制作サービスを見る
・制作実績を見る
・会社概要を見る
・社長ブログを見る
・無料相談に申し込む(お問い合わせ)

・トップページに戻る

この記事を書いた人
沖田真希

おきた

WEBデザイナー/2016年入社/岐阜県出身 お●ゃる丸に出て来る黄色い鬼(キスケ)似です。イラストを描いてコンペに出したりしてます。

LEAPY BLOG