リフォーム業界で他社と差をつけるホームページデザインまとめ【2018年】株式会社リーピー岐阜県内最大手のWeb制作
Webマーケティング会社

blog

1,770 VIEW
  • 公開日:2018年06月11日
  • 更新日:2019年02月13日

リフォーム業界で他社と差をつけるホームページデザインまとめ【2018年】

リフォーム業界で他社と差をつけるホームページデザインまとめ【2018年】

リフォーム業界でこれからホームページを作るとき、デザインはどのようなものが良いのでしょうか。
また現状のホームページの問題点は何でしょうか。

競争が激化する今日のリフォーム業界において、まずは自社の強みや付加価値をお客様に知ってもらわなければなりません。そのためにホームページの内容を充実させることはもちろんですが、その内容を分かりやすく伝える上で、デザインはとても重要です。

では具体的に、どのようなデザインが良いのでしょうか。ここでは、リフォーム業界が是非参考にしたいホームページのデザインを紹介します。
自社の強みや良さと照らし合わせ、デザインの方向性を決めるのに役立てていただければ幸いです。

ナチュラル

住マイル日和(株式会社システムショップもり)

住マイル日和

https://smilebiyori.com/(制作 株式会社リーピー)

代表者の顔が分かるので、安心感があります。全体的に柔らかいトーンで親しみやすいデザインとなっています。
リフォームメニューではカテゴリーがアイコンになっていて分かりやすく、固定表示で各メニューにアクセスしやすくなっています。
家づくりのこだわりというページでは、単にこだわっているポイントを紹介するのではなく、目的別に分けることでリフォームを考えている人の目線に立った提案を可能にしています。
画面を大きく使った間取りやビフォー・アフターの紹介も見やすく、手書き調の間取りは温かみを感じられます。

浅井良工務店(株式会社浅井良工務店)

浅井良工務店

http://www.asairyo.com/

ベージュやブラウンなどを基調としたナチュラルなデザインとなっています。コンテンツが多くてもごちゃつかず、すっきりとした印象です。
要所要所に縦書きを取り入れることで、デザインにメリハリが生まれます。資料請求などの常に見える場所があるだけでなく、写真も載っており、クリックしたくなる工夫が施されています。

シンプル

 松崎設備(松崎設備)

 松崎設備

http://matsuzaki-setsubi.com/

ホワイトとブルーですっきりと爽やかなデザインに仕上がっています。
ゆるやかな弧を描いたコンテンツの区切りや手書き風イラストで、やわらかさや遊び心も感じられますね。
ファーストビューの動きで会社のロゴを印象づけています。

SIMPLE HOUSE(株式会社シンプルハウス)

 

SIMPLE HOUSE

http://www.simplehouse.co.jp/

個性的なレイアウトでありながら、メニューやカテゴリーなどがシンプルで分かりやすいデザインです。全体的にモノトーンですっきりとしていますが、資料請求ボタンやメニューなどははっきりとした色でアクセントが効いています。ところどころ画像が八角形にトリミングされているのもユニークですね。全て四角にするよりも見た目に変化が生まれます。
施工事例には携わったスタッフが掲載されており、クリックするとスタッフ紹介のページに飛べるようになっています。こちらも親近感がわきますし、施工事例に掲載している会社は少ないので差別化になります。

かわいい

リフォームのイイナ(株式会社イイナ)

フォームのイイナ

https://ii-na.com/(制作 株式会社リーピー)

こちらも代表者やスタッフの顔が見えるので安心感があります。人物の切り抜きやコンテンツの区切りを直線にしないことで、遊び心溢れるデザインです。施工事例ではキッチンや浴室などのリフォームメニューとエリアを掛け合わせて記事を絞り込むことができ、地元の施工事例にアクセスしやすいようにしています。
赤をメインカラーとしていますが、ベタ塗りの赤ではなくうっすらとパターンが入っていることで、単調になることなく飽きのこないデザインとなっています。

ポップ

 WithReHome(ドイト株式会社)

 WithReHome

http://diyreform.doit.co.jp/

ホームページ全体が家になっているポップで斬新なデザインです。メインカラーのオレンジは元気さ・明るさが伝わります。イラストは分かりやすく楽しげで、見ている人を飽きさせません。
メニューが少なく斬新なデザインでも分かりやすくまとまっています。

 住宅再生工房マツヤ(株式会社松和建設)

 住宅再生工房マツヤ

https://www.matsuya-reform.com/

スライドに見積もりボタンが帯状に固定されており、情報量が多くても目立つ工夫が施されています。
トップページの特選リフォームの商品バナーには、金額と何にかかる費用であるかが明示されており、非常に分かりやすいです。
お客様の声を手書きのアンケートとともに掲載しているのも信頼感がありますね。

おしゃれ

エイトデザイン(エイトデザイン株式会社)

エイトデザイン

http://eightdesign.jp/

全体的に写真を大きく使っており、リフォーム後のイメージがしやすいデザインです。
メニューや大胆な色の使い方などは若々しさを感じられ、デザイン性の高いリフォームが可能ということが伝わってきます。手書き風のイラストも分かりやすく、遊び心を感じられます。
コンテンツのデザインはバラつきなく統一されており、ただおしゃれなだけでなく分かりやすさも兼ね揃えています。

Beswick(Beswick Building and Renovations Ltd.)

Beswick

https://www.beswickbuildingltd.co.uk/

イギリスの会社のホームページも紹介します。写真と文章のバランスが絶妙で、雑誌のようなおしゃれなデザインとなっています。スクロールに合わせた動きも部分的に取り入れることで、伝えたいポイントを目立たせることができます。
フッターの背景をマップにすることで、単調になりがちなフッターがおしゃれに仕上がっています。
レビューをフッターに持ってくるのは日本のホームページではあまり見かけませんが、斬新かつリフォームの腕の自信が伝わってきて良いと思います。

Jova(Jova Construction)

Jova

http://jovaconstruction.com/

こちらはカナダの会社です。ロゴのみならず、メニューも画面中央に表示されるという斬新なデザインです。ファーストビューや施工事例に関しては、スライドの切り替えボタンまでメニューにあるという斬新さ。
スクロールに合わせ直線を活かしたスムーズな動きは見ていて非常に心地が良いです。
メニューが少なくコンテンツのまとまりも良いので、斬新なデザインでも見づらさがありません。

いかがでしたでしょうか?
当社でも、リフォーム業界のホームページ制作経験が多数ございますので、
ホームページ作成・リニューアルをお考えの不動産会社様は、ぜひリーピーへご相談ください。

 

※ご紹介しているサイトの中で、「(制作 株式会社リーピー)」と書かれたサイトは当社の制作実績です。その他のサイトは当社の制作実績ではございませんが、デザイン性などが優れているため、事例としてご紹介させて頂きました。制作をされた制作会社様で、掲載の取り消しをご希望の場合は速やかに対処させて頂きますので、当社までご連絡くださいませ。

この記事を書いた人
森麗奈

WEBデザイナー/2016年入社/岐阜県出身/幼少期は一日のほとんどを、絵を描いて過ごす/苦手を克服するために外国語大学へ/このとき初めて日本の外の世界を知る/場所に囚われない仕事をしたいと思いWebデザイナーに/旅行が好き/今年も行ったことのない場所へ行きたい。