【アクセサリー】ドキドキのつまったホームページデザインまとめ【2018年】株式会社リーピー岐阜県内最大手のWeb制作
Webマーケティング会社

blog

689 VIEW
  • 公開日:2018年05月25日
  • 更新日:2019年02月13日

【アクセサリー】ドキドキのつまったホームページデザインまとめ【2018年】

【アクセサリー】ドキドキのつまったホームページデザインまとめ【2018年】

アクセサリー、ジュエリーといえば、女性らしいかわいらしさ、やさしさ、強さ、特別さ…という言葉がイメージされると思います。
しかしそれだけでは新鮮味に欠け、今ひとつ訴求力が足りないサイトになりがちです。
ブランドイメージやコンセプトを踏まえ、各ブランドはどのように差別化を図っているのでしょうか?

色味や雰囲気別に、女性のハートを掴む、ドキドキのつまった魅力あふれるサイトをご紹介します。

すっきり系、シンプルなデザイン

カナル4℃(株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ)

https://www.canal4.jp/

白を基調にしており、画像と余白のバランスが良く、すっきりしたデザインとなっています。
トグルで現れるナビゲーションは画像付きで非常に分かりやすいです。
各商品紹介ページは価格や素材から絞り込むことができ、無駄のないコンテンツとシンプルなレイアウトで見やすく構成されています。
全体的に淡い配色でやさしい・かわいらしい雰囲気を持ち合わせています。

フェスタリア ボヤージュ(フェスタリアホールディングス株式会社)

https://www.festaria.jp

ブランドイメージの「特別な場所」を表現しているデザインです。
シンプルなデザインでありながら、白と深い青のコントラストに商品が映えており、引き込まれます。
コンセプトが作りこまれており、そのストーリー性に心打たれます。

かわいい系、ポップなデザイン

NOJESS(株式会社エーアンドエス)

http://nojess.net/

シーズンごとに違うファーストビューはポップかつ大胆で、見る人をわくわくさせます。
スクロールしていくとにぎやかな雰囲気が一転、ガラリと印象が変わり白とゴールドを基調にした洗練されたデザインとなっています。
コーディネートでは背景をツートンカラーにすることで、ポップで新しい印象を与えます。
カスタマーサポートでは手書きのイラストも使用し、やわらかさや温かみを感じられます。

カレット(株式会社カレット)

https://culletcullet.com/(制作 株式会社リーピー)

アクセサリー店の運営を中心にしている会社のサイトです。
白を基調とした、ナチュラルかわいいデザインです。
アクセサリーの切り抜きや、上からひらひらと落ちてくる花など、ファンシーな世界観で、細部にまでこだわりがちりばめられています。
ファーストビューはジュエリーの形でトリミングされているのも、他にはない、ユニークなデザインとなっています。
コーディネートの相談にも親身になってくれる、という会社の特徴から、スタッフさんの写真を多数使用しています。(モデルさんのようにかわいい!)

動きが特徴的で、インパクトの大きいデザイン

Room403(株式会社Quaf)

https://room403.jp/(制作 株式会社リーピー)

細い枠線や配色、フォントなどから女性の繊細さや知性的で上品な雰囲気が表現されています。
スクロールでコンテンツが切り替わり、見ていて気持ちが良いサイトです。
写真は単なる商品写真でなく、影やモチーフのを上手く使い、独特な世界観を感じられます。
メニューが画面左から出てくるなど斬新なレイアウトで、新しさや革新的な印象を与えます。

シエナ(株式会社サンポークリエイト)

http://siena-official.com/

ジュエリーを身につけている女性の写真や、女性らしい柔らかさ、上品さ、妖艶さを兼ね備えたような色を使用しており、思わず「どきっ」とさせられるサイトです。
トップページは文章がなく、アクセサリーとモデルのみという雑誌のような斬新なデザインとなっています。ブランドイメージを印象づけ、商品への揺るぎない自信を感じ取れます。
グローバルナビゲーションでブライダルとジュエリーではっきりと導線を分けており、無駄のないデザインながらも分かりやすい作りとなっています。

SHIHARA(株式会社ユイクリエイツ)

https://www.shihara.com/jp/

白をベースにしたシンプルなデザインとなっており、文字サイズを小さくすることでアクセサリーの華奢さが際立つサイトになっています。
ファーストビューの中央を余白にしていることや、通常左上に設置することが多いロゴを左下に置いているのが特徴的です。
ファーストビュー下のコンセプトが、スクロールの動きによってより引き立っています。
商品一覧ページも写真のみで構成されており非常にシンプルです。詳細ページへ飛ぶと中央に大きく写真が配置されています。着用時のイメージが様々な角度から確認できるため、文章が少なくても写真から多くの情報を得ることができます。

高級感があり、海外を意識したデザイン

Hirotaka(株式会社パルメット イノウエ)

http://hiro-taka.com/

ほぼ実寸サイズの女性に見つめられるところから始まる動画が印象的なサイトです。
黒と白が基調になっており、クールかつ大人な雰囲気を醸し出しています。
インスタグラムもサイトと馴染む写真・レイアウトで洗練されたデザインとなっています。
商品一覧ページは写真のみの非常にシンプルな作りで、なんだろう、と思わずクリックしたくなります。

MIKIMOTO(株式会社ミキモト)

https://www.mikimoto.com/jp/

白とゴールドを貴重にした高級感のあるサイトです。写真が大きくレイアウトは分かりやすく、ターゲット(ペルソナ)の使いやすさを考えられています。
トグルのナビゲーションにも写真付きでよりクリックしやすい作りになっています。
文章は少なめで、写真に目がいくようにすることで、一つ一つのジュエリーを魅せています。
こちらも商品一覧ページは非常にシンプルで、ホバーすると価格と詳細へ飛ぶボタンが現れます。特徴的なのは「比較する」にチェックを入れると、選んだ商品で比較をすることができます。
シンプルながらもどれにしようか迷っているユーザーの購入を促す仕掛けがあるのです。

シャネル(シャネル株式会社)

https://www.chanel.com/ja_JP/watches-jewelry

グローバルナビゲーションは黒ベースに白文字で、老舗ならではの安定感を保ちながらも、写真の大きさ・大胆さから、他サイトとは一味違ったトガりがあります。
商品一覧ページのスクロールの動きに特徴があり、次に現れる大きな写真がより引き立ちます。商品一つ一つにこれだけ世界観がはっきりと現れているのはさすが一流ブランドです。
ウォッチの商品ページは黒背景でありながらも、洗練されたデザインや動きにより、暗さを感じません。
各商品の世界観に引き込まれる一方で、パンくずリストがあるため、迷子になってしまう心配もありません。

 

いかがでしたでしょうか。ドキドキするようなサイトは見つかりましたか?
「ここはコンセプトが近い」、「こんな風に表現したい」など自身が持つ商品やブランドと比較しながら、参考にしてみてください。

当社では、アクセサリーのホームページ制作経験も多数ございます。
アクセサリーでホームページの作成やリニューアルを考えている方、ぜひリーピーにお任せください。

 

※ご紹介しているサイトの中で、「(制作 株式会社リーピー)」と書かれたサイトは当社の制作実績です。その他のサイトは当社の制作実績ではございませんが、デザイン性などが優れているため、事例としてご紹介させて頂きました。制作をされた制作会社様で、掲載の取り消しをご希望の場合は速やかに対処させて頂きますので、当社までご連絡くださいませ。

この記事を書いた人
石川まひろ

石川

WEBディレクター/2018年入社/静岡県出身 音大ピアノ科卒。好きなことは食べること。WEBサイトについて日々勉強中。