ローディング

地方企業の集客は、まずは検索への対応から!Googleプレイス活用法!

地方で展開する企業は検索への対応がとても大事です。

地域ビジネスを展開する際、検索される可能性が高いワードとして、「●●(地域名)+業種(orサービス名)」です。その際、Googleの地図情報が検索結果に表れる場合があると思います。この検索結果は自分達でコントロールすることが可能です。むしろ、正しく情報を入力しておかなければ、表示すらされません。
正しく入力することで、地図上で見た時にこのようにわかりやすく表示されるようになります。

GoogleMapでの表示のされ方

こういったGoogleMap上で見やすくしたり、検索結果において上位に表示されるようになるために必要なものが、Googleプレイス(登録無料)というものです。
今回はその使い方をご説明いたします。

まず、Googleプレイスの登録画面に行きます。
http://www.google.co.jp/landing/placepages/owner.html

Googleプレイス登録方法

その際、登録したいGoogleアカウントでログインする必要があります。Googleアカウントを持っていない場合はまずは取得しましょう。

進んでいくと、様々な入力項目があります。

・[ビジネス名]:GoogleMap上に表示される文字です。
・[住所]:正しく入力しましょう。ピンの位置がずれている場合は自分で修正できます。
・[連絡先情報]:HPのURLも掲載できます。
・[営業時間]、[紹介文]:正しい情報かつ充実した内容で掲載しましょう。
・[カテゴリ]⇒ここが非常に重要です。

[カテゴリ]に関しては現在2,000種類以上あるそうです。
自分達の業種に合いそうなものは全て登録しましょう。想像以上に細かくカテゴリが用意されていますので、一文字入れて、出てくる候補の中から選びましょう。

例えば、「あ」と打つと、いきなり、「あんこう料理店」とかなり具体的なカテゴリが表示されます。
しかも、「Web」では反応せず、「ウェブ」で反応したりしますので、ここも注意です。

Googleプレイスにおけるカテゴリ登録画面

全ての情報を登録していくと、最後に所在の確認になりますので、その際、電話または郵送での確認となり、Googleから「PIN」というコード(認証番号)が提供されますので、それを今回の管理画面で入力すると完了です。

最初は戸惑うかもしれませんが、指示に従って、入力していくだけです。
[カテゴリ]の箇所に出来るだけ該当するものを多く入力することを忘れないようにしてください。

 

地域でビジネスを展開しているということは、「地域名」が含まれた形で検索される可能性が高い、ということです。

地方企業の集客は、広告ばかりに頼るのではなく、まずは無料で出来ることから始めた方が良いと考えています。広告で取れるアクセスは検索への対策だけでも意外と十分に獲得できるものです。(当社では広告を一切やめて、検索への対策だけで2ヶ月後には広告を使用していた頃と同じアクセス数まで獲得した経験もあります。つまり、広告費0で広告と同じ分のアクセスを獲得したことになります。)

 

※ご連絡※ リーピーは4/29~5/6までGW休暇を頂きます。メールの対応はいたしますが、少々レスが遅くなってしまうかもしれませんので、予めご了承くださいませ。

一覧に戻る