岐阜でWebを使った集客を考える時に必要な“情報資産”という考え方株式会社リーピー岐阜県内最大手のWeb制作
Webマーケティング会社

blog

236 VIEW
  • 公開日:2014年02月02日
  • 更新日:2019年01月31日

岐阜でWebを使った集客を考える時に必要な“情報資産”という考え方

こんにちは。代表の川口です。
本日は岐阜市長選が実施されています。

今回の選挙においては、自ら情報を取りに行くことも必要だと思いますが、なかなか普段生活してる中では、選挙の情報が入ってくることは無いなと感じました。普段見ているデバイス(PC,iphone,タブレットなど)の中での行動に出てこないってことだと思いますが、毎日のように見ているfacebookやtwitterでも、一度も自然と見なかったことは、まだまだ選挙におけるインターネット活用は進んでいないな、という感想です。立候補者の方がYOUTUBEなどでもUPしていますが、視聴回数が500回にも満たないくらい、ほとんど意味が無いものになっています。

Web戦略は作って終わりではなく、作ってからが本当に力を入れるべきタイミングだ、ということは多くの人に伝えていきたい事柄です。弊社がWeb運用の支援をする際にも、常々力を入れて説明している部分ですが、「Webは運用次第」で時間をかけた割に効果が無いのか、それとも爆発的な効果が出るのかが変わってきます。

今回の選挙戦を見る中で、集客について、思うところがありましたので、少しblogに書いておきます。(特に岐阜に限った話ではありませんが、地方におけるWeb活用には必須な考え方だと思います。)

弊社はプロモーションに関する支援も行っておりますが、今取り組んでいる集客支援のプロモーションの中で、よく話す内容があります。
それは、

すでに持っている情報の中で、外に発信できないものが無いかを考える

ということです。

社内を見渡すと、
・Web上に公開していない写真や動画のデータがあったり、
・実は自社のアピールに繋がる様々なデータ(実験結果やお客様の声など)を持っていたり、
・社員の方の経歴が十分PRポイントとして使えたり、
など、活用できる様々な“情報資産”を持っていることが往々にしてあります。

しかしながら、これらの“情報資産”が活用されていない場合の方が圧倒的に多いです。
コンサルに入ると、100%の確率で活用できていない“情報資産”を見つけます。

大変もったいないことなので、まずはWeb戦略強化の第一歩として、社内に活用できる“情報資産”が無いかを探し、まずはどんどん公開する、ということから始められたら、と思います。

公開の仕方、活用の仕方は色々お伝えできます。プロモーションはお金がかかることばかりではありません。
例えば、インターネット広告を見た人のうち、60%が「検索」により、さらに情報を集めにいく、といった統計もあります。

検索の仕方は、本当に様々です。
アクセス分析をしていると、よくこのワードで検索したな・・・っと思うものもたくさんあります。

逆に言うと、ニッチワードであれば、検索結果に引っかかる可能性もある、ということです。
弊社の考える地域のWebマーケティングは、このようなニッチワードに対する検索結果表示に対応するためにも、HP上のコンテンツを増やし、あらゆる検索結果の導線からアクセスを獲得することが重要である、と考えています。

そのコンテンツを増やすためにも、自社内の“情報資産”を活用することが大事です。
googleの画像検索や、YOUTUBEなどからもアクセスが獲得できるかもしれません。

しかも、そのユーザーは“検索をしてきた人”なので、少なからず興味・関心度合いがあるユーザーです。

Webからの集客を考える上で、この視点を持つことは非常に重要である、と弊社は考えています。

詳しくみる